子どもも大人も楽しめる鉄道博物館へ!

photo-1447875372440-4037e6fae95d
こんにちは!
森麦です。
そろそろ冬休みも近くなり、元気な子供たちの相手を毎日するかと思うと、とたんにHPが減っていく思いです。
近くて、混んでいなくて、安くて、それでいて楽しいところはないかと、休日が近づくと日々検索の鬼となっています。さらに、我が家は3歳と1歳半の男の子で、か~な~り元気で体力がありますが、出来ることに上限がありますので、行けるところが狭まるもの悩みどころ・・・
そんな時、大宮にある「鉄道博物館」という所を見つけたので行ってみました。

デゴイチ(D51)がお出迎え!入り口から楽しい!

デゴイチ
鉄道博物館は鉄道ファンにとっては聖地とも言われている日本一有名な博物館です。
そんな聖地に、詳しくないのにお邪魔して良いの気兼ねしつつ訪れると、入り口から早々にデゴイチ(D51)がお出迎えしてくれて、いっきにテンションが上がり気兼ねがどうこうなどすっかり忘れてしまいました。
撮影スポットのデゴイチと写真を撮ったら、入館チケットを購入して(suica使用ok)入場します。

ヒストリーゾーンは子どもも大人も楽しめる!

IMG_7164
名前の通り、日本の鉄道の歴史を学ぶ事が出来ます。
こちらには、昔の鉄道の展示などがたくさんあります。昭和初期の駅を再現した場所は趣があり、列車は見るだけではなく実際に乗ることが出来るので、大人も楽しめること間違いなしです。
さらに、運転席が開放されている列車もあり、実際に座ってハンドルを持つことが出来ます。こちらも人気ですが、並んでいても時間もかからず、すんなりと回れたのも、待つのが苦手な子どもには有り難いところです。
ヒストリーゾーンはメインなのですが、広く、多くの列車が展示されていて見どころも多いため、見学されている人たちが一つの所に留まることはあまりないため、混雑を感じないためストレス無く見学できるように思いました。
思い思いの見学が出来ますが、どこからみれば良いかわからない人や、さらに詳しく知りたい人には、10:15、13:00にボランティアガイドツアーが開催されるので、そちらに参加してみても面白いかもしれませんよ。

ミニ運転列車に乗ろう!

a0960_007531
1周約300mの軌道を3人乗りのミニ列車で運転するが出来ます。車両の種類はJR東日本や電気機関車をデフォルメした車両に乗ることが出来ます。実際に運転することが可能なのですが、運転は小学生以上に限られているそうです。小さいお子さんもパパやママの運転を見つつ乗るのもなかなか楽しそうですよ。この乗り物は大変人気があるようで、開館の10時より整理券が配られ、整理券と引き換えに200円を支払うというシステムです。人気すぎて休日ともなれば争奪戦らしいです。我が家は、たまたまキャンセルが出たので1回乗ることが出来ましたが、これはなかなかのラッキーでした。
博物館のすぐ隣には線路があり本物の電車が走っているので、臨場感たっぷりです。開館と同時に来られた方は整理券を貰っておくことをオススメします。

ランチも充実!駅弁販売も! 

a0002_006364
食事も充実しています。懐かしい食堂車メニューや焼き立てパン、ドリンクバーなどもあり、かなり豊富なメニューが用意されています。新幹線型のトレイに入ったお子様ランチは子どももテンション上がって楽しく最後まで食べれてしまいます。さらに、ランチトレインが設置されているので、駅弁を買って車内で食べることが出来きるというのも面白いです。食堂も駅弁も、お値段は高めではなくファミレス相当の値段なのもお財布的に有り難いところです。

運転シミュレータで運転士気分!

IMG_7166
D51、205系山手線、209系京浜東北線、211系高崎線、200系新幹線と、国内最大の5種類の運転シミュレータがあり、実際に使われていた運転席を使用し、実写映像を見ながら運転の体験をすることが出来ます。D51は予約制で中学生以上、1回500円ですが、その他は予約なしの無料で体験することが出来ます。運転席が映像に合わせて揺れるのでリアルな運転体験をすることが出来ます。

模型鉄道ジオラマ

横幅25mもの大きさの国内最大級の鉄道ジオラマで、軌道総延長は1400mにもなるそうです。この為に用意されている車両数は、なんと約1200両だそうです。日本の鉄道の特徴的しーんを再現していて駅舎、発電所、橋梁、トンネルなど様々な鉄道施設を一望できます。解説員が朝、夕、夜間と1日の移り変わりの中で解説しながら運転する解説ショーを行っています。
※リニューアルのため2017年7月中旬頃まで閉鎖しています。

てっぱくひろば

てっぱくひろばはE5系スライダーや京浜東北線ジャングルジムなど子ども向けのオリジナル遊具が置いてあり、晴れの日には芝生でお弁当も食べれる場所です。小さいお子さんならここだけでも満足できてしまうかもしれません。
※リニューアルのため2018年夏頃まで閉鎖しています。 

まとめ

 てっぱく
現在2018年夏の「新館の建設及び本館の全面リニューアル」をめざして順次閉鎖している箇所もあったのですが、そのせいか現在は休日でも混雑はなくスムーズに余すこと無く楽しめることができて満足でした。
お子さん連れが多いため、施設にはベビーカー置き場やスロープの設置、オムツ替え場や無料のロッカー、ベビーカーの貸出など子連れには気になる設備も揃っているので心配なく遊びに行くことが出来ますよ。
リニューアルが終わって新しくなっても行ってみたいですが、現在の鉄道博物館を見ることが出来るのは今だけなので気になっている方は今のうちにぜひ遊びに行ってみてください。

鉄道博物館 詳細

●入場料
 大人・・・1,000円
   小中高生・・・500円 
   幼児(3歳以上未就学児) 
●閉館時間
 10:00~18:00(入館は17:30まで)
●休館日
 毎週火曜日および年末年始(春休み、夏休みなどの学校の長期火曜日は開館する場合あり)
●交通アクセス
 JR大宮駅よりニューシャトル 「鉄道博物館(大成)駅」下車、徒歩1分
 その他アクセスの詳細は公式サイトのアクセスを参照してください。